士傑高校 登場人物

ヒロアカ 夜嵐イナサ(よあらしいなさ) 個性「風」

2016/11/23

 

 


雄英高校と並んでヒーロー科の難関校、士傑高校1年の生徒。

とにかくテンションが高く雄英が大好きだと豪語して円陣にも勝手に加わって来る男。まるで野球部のような坊主頭をしているが、士傑の制帽を被って傷跡さえつけばゴールデンカムイ主人公の杉本に見た目が似てくる。

ふざけた態度とは裏腹に、相澤からも相当な実力者だからマークしておけと言われる人物。デクたちと同じ年に雄英の推薦入試を受けておりトップ通過をしたにも関わらず何故か辞退して士傑高校に入学している。

個性詳細はまだ不明だが、風の個性持ちと思われる。狙った対象だけを上空に巻き上げて相手の攻撃に使用できるので、広範囲の攻撃を一人でやってのける。ヒーロー仮免試験の一次ではその個性を活かしてここでもトップ通過を果たすとともに、脱落者も100名以上量産している。

スポンサーリンク

雄英入学を辞退した理由も不明だが、試験クリアして控え室にやって来た轟に敵意の視線をぶつけている。

難なく突破した仮免一次の後、二次の救助演習の際、ギャングオルカの妨害を止めに出向くが鉢合わせた轟との相性が最悪で、敵を目前にしながら喧嘩を始めてしまう。

もともと好奇心が強く、幼少時から熱いものが好きで、ヒーローという職業を知ってからは憧れるようになる。しかし、ヒーローでありながら、その目から冷たい憎しみしか感じられないエンデヴァーの事だけは好きになれなかった。その感情を残したまま雄英の入試を受験することになり、会場で同じ目をした轟と出会う。エンデヴァーとまったく同じ目をした轟を気にしながらも本人は仲良くなれるかもと友好的に振舞うが、轟からは相手にされなかった。エンデヴァーに囚われていた当時の轟からは忘れられていたが、本人は日本一熱い高校生活への期待に水を差され雄英には入学しなかった。

敵役の目前で始めた喧嘩は最悪の結果を招き、轟ともどもギャングオルカの前に屈することになってしまう。2人揃って動けない状況に陥って初めて轟と共闘する考えに至り、轟の出した炎を風で浮かせて炎竜巻を放って一矢報いて救助演習は終了する。

半ば本人も理解していたが、二次試験合格者の発表欄に夜嵐の名前は記載されていなかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-士傑高校, 登場人物