敵(ビィラン)連合 登場人物

僕のヒーローアカデミア 死柄木 弔(しがらきとむら) 個性「崩壊」   (人気投票で19位とヴィランの中では大健闘)

2017/04/22


敵(ビィラン)連合のリーダー格で、身体の各所が手首で覆われている不気味な人物。

我が儘で気に入らない事があるとすぐに苛立ち癇癪を起こす。子供よりも子供っぽい幼稚さと、それゆえの無邪気な悪意が目立ち、その姿が個性を持て余した悪人たちに魅力を感じさせ同調させている。

初登場時は、雄英のカリキュラムを入手し、オールマイトを抹殺するためにUSJに襲撃を仕掛けてくる。オールマイトが居なかったため、生徒たちを殺すことを考える中、相澤先生に足止めをくらう。相澤の個性と弱点を的確に見抜き、脳無を利用して優位に立つ。一度はUSJから帰ろうと言いだし目的を投げ出そうとするが、標的であるオールマイトが現れたことで撤回。

オールマイトによって脳無が倒されて尚、オールマイトを抹殺を企てるが、飯田が呼んだ教師の増援が到着し、スナイプに四肢を撃ち抜かれ重傷を負いながらも、「次は殺すぞ」と言って逃走する。

スポンサーリンク

襲撃後の雄英と警察の会議では、成長する余地のある「子ども大人」と称される。彼を指導する人間が現れて、脅威が増すことを懸念されている。実際はすでに先生なる人物(オール・フォー・ワン)の教育を受けており、ゆくゆくの成長を見込まれている。

顔面にくっつけている手首は死亡した父親のものらしいが、詳細は現時点で不明。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




USJと保須市襲撃それぞれで、オールマイトとステインの2名に、立て続けに自分の思惑を崩された事で悩んでいた。しかし、鬱陶しいと感じていたデクと偶然街で遭遇した際に会話をする。結果、オールマイトを始末し、正義の脆弱さを暴くことが自分の原点だと、もともと持っていた想いを信念と呼ぶようになり、原点回帰する。

以降は別人のように冷静な部分を見せ、雄英生徒の合宿場に開闢行動隊を送り込み、仲間として取り込むために爆豪捕獲の任を下す。爆豪を仲間として勧誘しようとするが、爆豪が話を聞かない為に勧誘は失敗。

埒があかない為に、オール・フォー・ワンに力を貸すよう要請した直後に、アジトをプロヒーローに襲撃を受ける。アジトを制圧される中でオール・フォー・ワンに出会った頃を回想する中で、本名が志村 転弧(しむらてんこ)だと判明する。

直後、オール・フォー・ワンの手によって、爆豪や敵連合の面々と共にオール・フォー・ワンのもとへ転送される。劣勢を逆転したかに見えたが、オールマイトの追撃とデクたちの介入で爆豪の逃亡を許したことで、さらに形勢が逆転する。強制発動した黒霧のワープゲートに押し込まれ、オール・フォー・ワンへの言葉を言いきれないままワープゲートは閉じてどこかへ転送される。

死柄木本人が居なくなった後のオールマイトとオールフォーワンの会話で、ワンフォーオール先代継承者である志村菜奈の孫である事実が発覚する。


次の支配者を目指す

オールフォーワンが監獄にぶち込まれ、師を頼れなくなった死柄木は憎悪を募らせながら仲間と共に真に先頭を歩み始める。新たな闇社会の支配者となるため、そして勢力を拡大するために指定ヴィラン団体「死穢八斎會」と接触し、提携を結び互いを利用しあう関係性を築く。

個性「崩壊」

個性は、手で触れたものを粉々にして崩壊させる危険性の高いもの。人間であっても関係なく無残に粉々にしてしまう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-敵(ビィラン)連合, 登場人物
-, , , ,