傑物学園高校 登場人物

ヒロアカ 真堂 揺(しんどうよう) 個性「揺らす」

2016/11/23

img_1058


デクたちがヒーロー仮免試験でぶつかるライバル高校の1つ、傑物学園高校2年2組の生徒。そのリーダー格を担っていて、外見はストレートに爽やかなイケメン。

トラブル続きな雄英に対して不屈の心がこれからのヒーローが持つべき素養だと持論を説いていて、その姿は当のデクたちからも眩しいと称賛されている。

口では雄英の胸を借りる気持ちで仮免試験に臨むと話しているが、実際は情報収集も怠らずしっかり雄英生徒をライバル視している。その様子から爆豪からは、台詞と態度が合ってないからフかすなと言われている。

仮免一次試験開始早々、デクと同じく同校の生徒と協力してデクたちに仕掛けてくる。デクたちの成長幅が大きく固まっていられると防御が高いとみると、必殺技を生んでいるわけではないと自らも大技でデクたちを分断しにかかる。フィールド割りでデク達を分断したことで他校の生徒も集まってきた事は本人にも誤算があったのか若干焦ってはいたが、結果的に消耗しながら視野が狭くなっていた他校の生徒を出し抜いて同校生徒をまとめて二次試験に進んでいる。

身内のみの時はこすい顔が出てくるので腹黒い面もあり、怒ると関係が薄い人間から見てもハッキリ分かるレベルで爽やかイケメンキャラは崩れる。

スポンサーリンク

個性は「揺らす」こと。

触れたものを揺らすことが出来る。ただし、揺らしたものの大きさ、速度に応じた余震が自信に返って来るのでその間は行動不能になる。最大威力で地面を揺らせば地盤沈下するような破壊が起こせるので、麗日から下手すると死人が出るとぼやかれている。

本人は個性の反動で日々脳が揺れることに慣れているので、超音波攻撃にもある程度の耐性があるので、動けないふりをしてだまし討ちを狙う事もある。ギャングオルカを相手にそれを狙うも、轟と夜嵐の喧嘩で目論見は失敗に終わる。その後はただの失敗では終わらず、救助演習でギャングオルカのサイドキック達を軽いフィールド割りでまとめて動きを止めている。この結果、救助される役のHUC達の避難完了とサイドキックの制圧に貢献した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-傑物学園高校, 登場人物