雑記

ヒロアカ 番外編 ミッドナイトVSマウントレディ 個性的な女キャラの衣服討論

2016/11/23

ミッドナイトVSマウントレディ

僕のヒーローアカデミア8巻 巻末には女の戦いが載っています。

プロヒーロー同士の戦いで、誰と誰が戦うかというのは、

雄英教師にして18禁ヒーローのミッドナイトと、

目立つの大好き、ビッグになりたいマウントレディです。

個性を使ってのガチンコバトルをするわけではなく、ミッドナイトの主張にマウントレディが絡んで険悪になったのが事の発端です。

スポンサーリンク

ある時、お昼の生放送番組にゲストとしてミッドナイト(左)とマウントレディ(右)が呼ばれました。

呼ばれた理由は、

「ヒーロー活動にセクシーさは必要か?」

について、です。

書いてる管理人は男なので、目の保養としてセクシーさは欲しい所ですが.......(・。・;

それはさておき、現在も雄英の教師として教鞭を取っているミッドナイト

彼女のヒーローデビュー当時は、過激なコスチュームで話題を呼びに呼び、結果的に「コスチュームにおける規定法案」を叩きだすことになり、ミッドナイトの意志に関係なく国が動いたという過去があったそうです。

すごいな.......ただ1人の服装の為に国が動くとか......(・。・;

今現在は極薄タイツに身を包むミッドナイトですが、同性のマウントレディからは今でもやばい(服装が)と言われます。今でもヤバいと言うからには、当時はどこまで際どかったのやら........。

が、ミッドナイトの主張としては、
個性の性質上として衣服が活動の邪魔になってはいけないと言います。

ミッドナイトの個性は「眠り香」。地肌から眠り香を直接飛ばし、対象を眠らせるというものです。

セクシーさが必要というわけではなく、必要を求めた結果としてセクシーな衣装になった、という主張です。

なるほど、あくまで結果論と仰るのですねミッドナイトさん。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





ここでミッドナイトの主張に噛みついて台無しにするのが、ニッチなファンを持つ「巨大化」個性持ちのマウントレディ

必要に迫られればタコ焼き一つの為にプライドを捨て、シンリンカムイからもツッコまれるマウントレディ。

彼女からすればミッドナイトの主張は建前であって、今のコスチュームの際どさは、
「ぶっちゃけ趣味ですよね?」

と、ケンカ腰にツッコみます。

ミッドナイトも多少イラっとしたのか、この辺りからスタジオの空気が不穏なものを帯びてきます。

怖い怖い怖い(・。・;

マウントレディにイラついたものの、1度は耐えたピクシーボブと同い年の31歳ミッドナイト。

しかしミッドナイトに構うことなく、マウントレディは更にツッコんできます。

「すごい(際どい衣装着て)と思ってますよ、いい歳して」

いい歳して.........これは言ってはいかんでしょう、23歳のマウントレディ。

仏(?)の顔は3度までもありません。

マウントレディの2度目の不穏な発言でミッドナイトはキレます。


存在がビッグなヒーローになりたいマウントレディからすると、国を動かしたベテランとかは関係なく、今も目立ち続ける18禁ヒーローのミッドナイトは目の上のタンコブでしかありません。

先輩は敬いましょう(・。・;

はやくその座を退いてくれ、と言うのが本音でしょう。

そして始まる女の戦い(物理的に)。

 

この生放送をテレビで見ていた性欲の権化たる峰田は、1人で

「神回」

と、喜んでいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





 

物理的な女の戦いが起きるとなると心配なことがあります。


それは峰田すら恐れるマウントレディが巨大化してしまう恐れです。

彼女は興奮すると身体が巨大化してしまい、その大きさの調整は効かないのでスタジオが建て直しの恐れがあって危険です。

スタジオも危険ですが、マウントレディが更に修繕費という名の赤字を追ってしまう事も心配です。

どうか怒りを静めてくださいお二方。

そして今回衝突したことで今後は仲良く.........

無理か(・。・;この様子じゃ..........。

 

このあと穏便に事が済んだかどうかは作者のみぞ知る.......。

-雑記
-, , ,