登場人物 雄英高校教師

僕のヒーローアカデミア オールマイト 個性「ワン・フォー・オール」 (もとは無個性で志村の後継者)

2016/11/23

IMG_8949


「平和の象徴」と呼ばれるNo1ヒーローで、存在そのものが犯罪の抑止力と言われるデクの憧れのヒーロー。

本名は、八木 俊典(としのり)。

町や学校など公の場では筋骨隆々の姿を維持しているが、本当の姿は細見の男性。

5年前のオール・フォー・ワンとの戦いがもとで、臓器に致命的なダメージを負い胃袋全摘出、呼吸器官が半壊してしまっている。この闘いの記録は本人の意思で隠されており、世間には公表されていない。その際の怪我の為、一日のうちでヒーローとして活動できる時間は3時間程度しかない。しかしこの時間も、敵連合がUSJを襲撃した際に無茶をしてしまい、一時間程度に減ってしまっている。

スポンサーリンク

根津に薦められ、雄英高校に教師として赴任した目的は、生徒たちの中から自身の個性を受け継ぐものを探し、育成していく目的があった。ヒーローとしては最強だが、教師としてはカンニングペーパーを見ながら授業進行をするほどのポンコツぶりを発揮する。

赴任前に、偶然ヘドロ敵に襲われたデクを助けた際に引きとめられたことで、正体がバレている。無個性で只のヒーローオタクであったその後のデクの行動が、逃亡したヘドロ敵を捕らえる際に誰よりもヒーローだったと評し、自身の個性の受け継ぎ手に選び育てていく。

警察の塚内とは古い友人であり、彼を含む根津とリカバリーガール、そしてデクのみが、個性の件を知っている。エンデヴァーとは普通に仲良くしたいと思っているが、エンデヴァーにその意思がない為にやや困っている。

個性ワン・フォー・オールは全身に力をみなぎらせ、超人的なパワーを発揮して敵を倒したり、規格外の速度で走り大ジャンプが行える。デクに力を受け継がせて以降から急速な力の衰えを感じている。

「ワン・フォー・オール」 という個性自体が、聖火のごとく受け継がれてきたものであり、オールマイトは八代目の継承者。個性は、自身が渡したいと思った相手にしか譲渡できず、無理やり渡すことは出来るが、無理やり奪われることは無い。DNAさえ取り込めれば構わないので、髪の毛や血液でも譲渡可能。

もともとはデク同様に無個性だったことが明かされ、先代継承者の志村が殺害されたあとはグラントリノに師事。ただし、身体だけは出来上がっていたので、ひたすら実戦訓練で吐かされた事がトラウマになっていて、グラントリノとの記憶を封印したがっている。

オールマイト本人もうすうす感づいていたが、グラントリノから宿敵であるオール・フォー・ワンの生存を伝えられ、敵連合のブレーンとして動いている事を聞かされる。そのグラントリノから促された事もあって、職場実習から帰って来て成長したデクに、個性の成り立ちや、オール・フォー・ワンの存在を伝えている。

先代を殺された事や、人を弄び支配するオール・フォー・ワンが許せず、オール・フォー・ワンの前では怒りの感情が隠せない。神野区の事件でオールフォーワンと戦うことになり、死柄木が志村の孫である事を聞き一度は戦闘中の心が折れかける。だが救けを求める市民の声に応えて復帰し、宿敵であるオールフォーワンを倒し、拘置所にぶち込む事に成功する。

しかし、本当の姿は世間に晒され、活動限界が限界に達し、ヒーロー活動そのものから事実上の引退となる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-登場人物, 雄英高校教師
-, , , , , , ,