各話解説、感想

ヒロアカ ネタバレ No91 平和の象徴 (先代継承者志村を語るオールフォーワン)

2016/11/23

オールマイトに活動限界迫る91話

 

戦地を離脱する者たちと、残り戦う者たち

切島の呼びかけに応えて、その手を掴んだ爆豪。

完全に敵たちの隙をついた脱出策に、敵たちは上空を舞うデク達に視線が釘付けです。

敵たちの関心がデクたちに集まった瞬間に、それを見越していた轟と八百万はその場から逃走を図ります。

もともと爆豪は、自分が居る事でオールマイトが力を出し切れずにいる事に気付いていました。そこへやって来たクラスメイトの救援。その救援に乗れば、自分は戦地を離脱出来て、オールマイトの心配がなくなる。そうすれば、オールマイトは心置きなく敵たちと戦える。

FullSizeRender爆豪ならばそう判断するとデクは信じました。そして爆豪が動いたら、飯田も自分のレシプロで逃げ切れると確信していました。

スポンサーリンク

 

うまく戦地を離脱しかけたデクたち。そうはいっても、敵たちも驚いているだけではありません。

荼毘と黒霧がダウンしている今、敵たちに遠距離攻撃手段はないかに見えました。ここで以前から個性がチラッと明かされていたマグネの個性が正式に明かされます。

スピナーとコンプレスにくっつくよう指示し、2人はくっつきます。マグネは「磁力」を自分の近くに居る人間に付加する個性を持っていました。男には磁石のS極を付加できるのですが、男同士の場合は極が一緒なので、くっつけば当然反発して斥力が発生します。

マグネは斥力を利用して、コンプレスを大砲の弾のように上空へ押し出します。そのコンプレスに触れられたら、対象は玉に閉じ込められてゲームオーバーなんですが、デクたちはそうなりませんでした。

FullSizeRender[1]戦闘不能になっていたマウントレディが突然巨大化しコンプレスに激突します。コンプレスはマウントレディの体当たりを受けて墜落します。もっともマウントレディにとっても余力はなくて、デクたちに逃げることを促して倒れてしまいます。

マウントレディの最後の力だったみたいですね。

大変失礼ながら、初めてマウントレディがヒーローだと思えました(・。・;

常にビッグになりたいと豪語して先輩の出番は奪っちゃうし、たこ焼き1パックの為にプライドは捨てる。さらに目の上のタンコブのミッドナイトに喧嘩は売るし、と中々ヒドイ事するマウントレディが人を助けたのを初めて見たんです。印象は変わります。

マウントレディによって、マグネのコンプレス大砲は不発に終わります。

しかし、まだ諦めないマグネ。今度はトゥワイス大砲を発射しようとしたところで、再び邪魔が入ります。

オールマイトに遅れて脳無格納庫にやって来たグラントリノの蹴りによって、マグネ、スピナー、トゥワイスは気絶します。

到着したグラントリノは、デクが戦地に居たことにますます悪い意味でオールマイトに似てきていると大変ご立腹です。グラントリノの怒りはごもっともですが、結果論としてオールマイトの憂いである爆豪は完全に離脱に成功しました。流石にここからの敵連合の挽回はないでしょう。FullSizeRender[2]


 

デクたちの介入で形勢逆転したことをオールフォーワンは理解し、黒霧にしたと同じように指を伸ばして気絶したマグネの「磁力」を強制発動します。

これによってグラントリノを迎撃しようとしていた死柄木たち敵の男に磁石のS極が付加されます。男がS極なら、女であるトガはN極です。一斉に男が自分に向かってくることに焦るトガですが、磁力は絶対です。そのまま磁力に引っ張られて黒霧のワープゲートに呑まれていく敵たち。

死柄木だけは、その場に残ったオールフォーワンを心配し、

FullSizeRender[3]その身体じゃダメだ」

と、意味深な事を言います。

死柄木の慌てぶりから見ると、オールフォーワンが死ぬ事を心配しているみたいですね。オールフォーワンに対しての言葉を言いきれないまま、死柄木はワープゲートに呑まれ、ゲートは閉じます。

FullSizeRender[4]オールフォーワンはオールフォーワンで、死柄木に、

「君は戦いを続けろ」

と、まるで今生の別れのような事を言っています。

まさか、オールフォーワン。ここで物語から退場したりしないよね?まだ出てきたばかりなのに.......。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





 

死柄木が消えたところで、オールマイトがオールフォーワンに挑みかかってきます。

FullSizeRender[5]再び始まる人間天変地異同士の戦い。街はさらに壊れていきます(・。・;マウントレディじゃないけど、修繕費が気になってくるよ。

オールフォーワンはそのオールマイトの攻撃を、転送個性を使って今度はグラントリノを転送し、攻撃の衝撃を反転させます。

グラントリノ、ワン・フォー・オールの力で殴られるとか超痛そう(・。・;

オールフォーワンは死柄木を助ける為に来たんですが、自分もオールマイトが憎い以上戦うなら受けて立つと言います。

かつてオールフォーワンの仲間を倒しまくったオールマイトは、その中で今日の「平和の象徴」と呼ばれるようになっていきました。オールフォーワンの仲間の犠牲の上に立って見る景色はいい景色だろ?と、皮肉ります。

爆豪が居なくなったことで心置きなく戦えると思ったオールマイトですが、オールフォーワンはそうさせる気はないようです。オールフォーワンが暴れたせいで、街は既に大参事。

守るものが多くてヒーローは大変だな、とまだ皮肉るオールフォーワンにオールマイトは、

「黙れ」

と、すごみます。

すごんだオールマイトはオールフォーワンの左手を掴んで握り潰します。どうやら左手に何かカラクリがあったようで、オールフォーワンは転送を使えなくなったようです。マズイとも言ってますし。

オールフォーワンはオールマイトが憎いようですが、逆も然りで、オールマイトから見ればオールフォーワンは只の悪です。

巧みに人を弄び、壊して奪ってつけ入り支配する。そんなオールフォーワンの理不尽さが、オールマイトには許せない以外の何物でもありませんでした。

IMG_0289怒りのこもった一撃でオールフォーワンを地に沈めるオールマイト。IMG_0290そして、この一撃を与えた時点でオールマイトには活動限界がおとずれます。

怒りの感情をむき出しにするオールマイトでしたが、さきの一撃では倒しきれていなかったオールフォーワンは喋りはじめます。

「同じような台詞を前にも聞いたな」

と、オールフォーワンは言います。

IMG_0291誰に言われたかというのは、ワン・フォー・オールの先代継承者であった志村からだそうです。

その志村の本名も今回初めて明かされます。

志村 菜奈(しむらなな)

ん?先代継承者は女性だったの?(・。・;

確かに今まで何度も志村って名前は出てましたが、一度も男性とは言われてませんでしたからね。

次回が気になってしょうがないです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想
-, , , , , , , , , ,