各話解説、感想

僕のヒーローアカデミア ネタバレ No89 全ては1人の為に (オールフォーワンは死柄木を励ます)

2016/11/23

オールマイトとオール・フォー・ワンが邂逅する89話

そして全員逃げられる........

爆豪だけが口から黒い液体を溢れさせて消えたかと思ったら、IMG_0121今度はトガが口から黒い液体を溢れさせます。

シンリンカムイによって捕らえた敵たちが全員連れて行かれることを懸念して、グラントリノとオールマイトが敵たちの転送を阻止しようと試みます。FullSizeRender[1]しかしその行動は報われず、敵たちは一人残らず居なくなってしまいました。

FullSizeRender[2]全員逃げられたことで、他のヒーローに謝るシンリンカムイですが、エッジショットはお前のせいじゃないと言ってくれます。黒霧の個性がワープなら、敵たちだけ消えたのは「指定した対象のみを転送させる」個性と、エッジショットはあたりをつけます。

スポンサーリンク

今回使われた個性は、まったく違う場所に居るだけでなく、直に見ていなくても転送させることが出来るってことですかね?オールフォーワンも映像越しにアジトを見ていた訳ですから、目で見て認識できた対象ならいつでも出来るとしたら、どこに居ても発動可能ということでしょう。何かしらの制約はないんですかね?

そして捕まえていた敵連合の面々は居なくなっても、お邪魔虫たる脳無は大量に残っています。オールマイトの邪魔をしようと複数の脳無が飛びかかってきますが、USJ襲撃レベルの力がない脳無など世界最強のオジサンの敵ではありません。まとめて投げ飛ばされて御終いです。

外で指揮していた塚内は、大量の脳無達がベストジーニスト達と連絡がつかないことから、ジーニスト達が失敗して脳無格納庫から流れてきたものだと推測します。

今回の制圧作戦がグダグダだと言うエンデヴァーを、オールマイトが心配します。ですが、既にエンデヴァーは大量の脳無を片付けています。逆にエンデヴァーからさっさと行けと言われて、オールマイトはこの場をエンデヴァー達に任せると言い、1人で脳無格納庫に向かいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





飯田はデクの行動を止める

オールマイトが1人向かっている脳無格納庫があった場所は一瞬で更地になっていました。そこにはベストジーニストを褒め称えて拍手するオール・フォー・ワンの姿がありました。

「全員を消し飛ばしたつもりだったのに」

と、オールフォーワンがさらっと恐ろしい事を言っています。ジーニストが機転を利かせて仲間の被害を最小限にしたわけですが、それでも仲間のヒーロー達は全滅です。IMG_0130ベストジーニストだけがかろうじて意識がある程度です。

事前に敵連合にブレーンが居る事と、そのブレーンがオールマイトに匹敵する強さを持っている事を聞いていたジーニスト。ですがオールフォーワンの力は、耳で聞くのと実際に目のあたりにするのには大きく差がありました。

ズタボロになってもオールフォーワンに反撃しようとするジーニストでしたが、一矢報いることも叶わず指先一本の力に敗れ去ります。

IMG_0129オールフォーワンから見てジーニストの強さは、経験と練習によって育まれたものだと言い「いらない」と言います。死柄木と性に合わないからと言ってますが、この口ぶりだと楽して使える強い個性が欲しいと言ってるように聞こえます。死柄木の触れたものをコナゴナにする個性とか、ラグドールの大人数の居場所、弱点を丸分かりにする個性などは、正直経験とか練習には左右されないかなぁ、とは思います。

えり好みしおって、この贅沢な奴め!!!(・。・;

 

そして壁の裏に隠れているデク達5人は、オールフォーワンへの恐怖でまったく動けずにいました。FullSizeRender[3]5人は余りの恐怖に、こみあげてくる吐き気を必死に抑えるので精一杯でいました。

と、その時、黒い液体に溢れて爆豪が転送されてきました。そして爆豪が転送されてきたことに気付くデク達。気付いた直後に、一緒に黒い液体に呑まれて転送された死柄木達、敵連合の面々も転送されてきます。

転送されてきた死柄木にまた失敗したね、と話しかけるオールフォーワン。死柄木は完全に黙りこくっていて何を考えているか分かりません。これからってタイミングでアジトを強襲されたのがよっぽど堪えたんですかね。

死柄木が何を思ってるかは今は分かりませんが、決してめげずに何度でもやり直せ、とオールフォーワンは死柄木に言います。仲間を取り返したのも、爆豪を一緒に転送したのも、FullSizeRender全ては死柄木の為だとオールフォーワンは言います。異常な感じがしますね、すべて実験と言うか遊びで済まされそうな空気を感じます。

そのオール・フォー・ワンの話しぶりは、聞いている爆豪もデクも恐怖を隠せません。

デクは救けるべき爆豪がすぐ近くに居るのに、怖くて動けないなんて事に考えを巡らせ続けていました。気付かれていないだろうことを前提に、とにかく動かなければと思うデクが行動を起こそうとした時、ストッパーとして同行していた飯田がデクを止めます。同じく八百万が必死に恐怖を抑えながら切島を止めようとしていました。自分たちが皆を守るんだと思いながら。

その時、オールフォーワンが、

「やはり来てるな」

と、呟きます。

飯田は一瞬気付かれたかと焦りますが、それは違いました。

オールフォーワンが気配を察知したのは、自らを倒した因縁ある男であるオールマイトの接近でした。IMG_0127接近した勢いのままオールフォーワンに組み付いたオールマイトは、

「全て返してもらうぞオールフォーワン」

と言い、

「また僕を殺すか、オールマイト」

と、オールフォーワンも応じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想
-,