各話解説、感想

僕のヒーローアカデミア ネタバレ No88 オール・フォー・ワン (死柄木の本名は志村)

2016/11/23

巨悪が動き出す88話

異常事態発生

死柄木を追いつめたオールマイトは、凄まじい威圧感を発しながら、死柄木はここで終わりだと言います。間近で見てるスピナーなんか完全に委縮して怯えてます。

しかし死柄木は終わりを認めません。まだ始まったばかりだし、仲間も集まり始めた中で、正義だのあやふやなものでフタをされた世界を壊すために、オールマイトを排する。その考えは消えず、黒霧を呼ぼうとします。

しかし、黒霧はエッジショットの個性に身体を貫かれ気絶します。実体への攻撃はUSJ襲撃の際に爆豪が暴いていたので、それを参考にしたと言うエッジショット。

無力化された黒霧にシーンとなる敵連合の面々。その中でグラントリノは、敵たち1人1人の本名を読んでいきます。敵連合のメンバーの本名は、警察が夜なべして突き止めたようです。

お疲れ様です(・。・;

スポンサーリンク

名前も知られて逃げ場がないと言うグラントリノに、死柄木は絶句します。絶句しながらオール・フォー・ワンと出会った過去を思い出していました。

FullSizeRenderその中で、オール・フォー・ワンが、死柄木をの事を「志村」と、読んでいます。それが死柄木の本名のようです。

ただ、志村と言うと、オールマイトに個性を譲渡した先代継承者の名前も志村です。まさか死柄木のお父さんと言うのは、ワン・フォー・オールの先代継承者なんでしょうか?

その関係性は分かりませんが、何らかの事件に巻き込まれて誰にも救けてもらえなかった死柄木は、オール・フォー・ワンに出会った。恐らくそれが父親が死亡した事件なんでしょう。

ワン・フォー・オールの先代継承者の志村が、いつオール・フォー・ワンに殺されたかは明らかにされてません。死柄木がオール・フォー・ワンに出会った時の姿を見るに、オールマイトに敗れる前のようには見えます。

推測でしかないですが、ワン・フォー・オールの先代継承者の志村を殺したオール・フォー・ワンは、その子ども(?)かもしれない死柄木を取り込んだって事なんでしょうか?自分の手で殺したヒーローの子を孤立するよう仕向けて、自分で協力者を装って近づいて懐柔したとか。実際の所は分かりませんが.........。

 

とにかく、そんなプチ回想があっても死柄木の現状は改善しません。オールマイトが嫌いだと言う死柄木は、暴れようとしたところで異常事態が起きます。

IMG_0077黒霧は気絶して無力化されているのに、突然幾つもの空間を破って、黒い液体をまき散らしながら脳無達が大量に現れます。プロヒーローや、敵連合の面々にも状況が掴めない中、現れる脳無の数は増え続けます。

シンリンカムイに敵たちを離すなとオールマイトの注意が逸れた瞬間、爆豪の口からも黒い液体が漏れ始めます。くさいと言う辺りオイルでしょうかね?

黒い液体に呑まれていく爆豪をオールマイトが救けようとしますが、爆豪は黒い液体に呑まれて消えてしまいます。

IMG_0081爆豪が、また攫われた.............(・。・;

死柄木が救援を求めていたオール・フォー・ワンが動いたと考えるべきでしょう。これで今度こそ、爆豪が何かされてしまうことは確定でしょう。

シンリンカムイが、外に居るエンデヴァーに応援を要請しますが、外にも複数の脳無が現れていて、エンデヴァーはその対処に追われていました。

塚内は、脳無格納庫は制圧したんじゃないかとベストジーニストに無線で呼び掛けます。しかし、返事はありません。

..........何だか嫌な予感がしてきました(・。・;

スポンサーリンク

スポンサーリンク





オール・フォー・ワン

塚内が無線でベストジーニストに呼び掛ける数分前。脳無格納庫ではデクたちが、プロヒーローの動向を見守っていました。

虎は、救け出したラグドールに呼び掛けますが反応がありません。IMG_0078ボー、としていて声が聞こえていないようでもあります。何をされたラグドール?

プロヒーローが脳無格納庫を制圧したことで、自分たちが出来ることはないと言う飯田は、すぐに立ち去ろうと言います。デクは、爆豪がオールマイトのほうに居るであろうことを呟きますが、八百万にオールマイトが居るなら安心だと諭されます。

その矢先、暗闇から虎に話しかける声がありました。

「ラグドールの個性は、前々から良い個性と思っていて、丁度いいから貰う」

事にした、と。

個性を貰う、奪える人物は物語上オール・フォー・ワン1人しか居ません。

その人物オール・フォー・ワンに、ベストジーニストとシャチ(ギャングオルカ)が動くなと牽制します。

牽制の声を無視して、オール・フォー・ワンが動き出そうとしたところ、ベストジーニストの個性で拘束されます。マウントレディだけが、民間人だったらと焦ります。が、ベストジーニストが一瞬の迷いが現場を左右するから状況を考えろと、マウントレディを注意します。

その直後、確かに現場の状況は左右されました。..............悪い方向に。

さっきまでの脳無格納庫は、マウントレディが壊した穴しかありませんでした。

しかし、今は別な力でさらに破壊され、それが街にも及んでいました。

IMG_0079宙に浮かんだオール・フォー・ワンは、死柄木がせっかく自分で考えた導き始めたんだから、邪魔をしないでほしかった、とぼやきます。そのオール・フォー・ワンの足元には、ベストジーニスト、マウントレディ、ギャングオルカが倒れていました。虎はどうなったか分かりません。

プロヒーローが全滅した様子やオール・フォー・ワンの話す内容を、離れた位置に居たデクや轟が、冷や汗をダラダラ垂らしながら聞いていました。

何が起きたかも分からず、振り向くことも出来ず、ただオール・フォー・ワンはデクたち一向に死を予感させました。

デクだけは、プロヒーローを全滅させた男が、オールマイトから聞いていたオール・フォー・ワンだと理解していました。

IMG_0080その男、オール・フォー・ワンは、

「さて、やるか」

と、何かを気負う様子もなく呟きます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想