各話解説、感想

僕のヒーローアカデミア ネタバレ No86 嵐の前 (死柄木は先生に協力を要請する)

2016/11/23

爆豪は敵連合のアジトで暴れようとする86話

雄英謝罪会見の続き

雄英の謝罪会見はまだ終わりません。敵連合に合宿所が襲撃された際に、生徒に戦うよう促したことについて、その意図を説明するよう求められます。最悪の事態を避けるべくと言う相澤先生の回答に、マスコミは多数の被害者と拉致被害者が出たことは最悪ではないのか?と、嫌らしく質問してきます。

ここは認識の相違ですね。

スポンサーリンク

相澤先生が想定した「最悪」は、生徒が為すすべなく殺害される事でした。結果として、戦闘許可を受けたB組の鉄哲と拳藤が毒ガス敵を倒したことで、さらなる被害の拡大は防げたとも言えます。被害の大半は毒ガスのせいですが、深刻なトラウマにはなっていないと校長がフォローします。

それでも納得しないのがマスコミ。深刻なトラウマが出なかったことが不幸中の幸いか?と、攻めてきます。

それでも校長は、未来を侵されることが最悪だと言います。

しかし、それは拉致された爆豪にも同じ事が言えるのかと、マスコミはまだ攻めてきます。

爆豪は、雄英体育祭優勝、第1話のヘドロ敵に単独で抵抗を続けたこと等のタフネスさはあるものの、乱暴な態度も多くメディアを通じて世間に認知されています。仮に、その粗暴な面に目を付けられた上で悪の道に染められてしまっても、未来があるのか?と、言える根拠はあるのか?と、マスコミは問い詰めてきます。

いい加減腹が立ってきますが、これも全てはメディア嫌いの相澤先生にストレスをかけて挑発し、粗野な発言を引き出そうとするマスコミの策略。ブラドキングが心配し始めます。

と、思いきや相澤先生は、マスコミの前ですっと謝罪します。行動そのものは自分の不徳だが、爆豪の態度については、誰よりもトップヒーローを目指して爆豪がもがいてるが故のものだと言います。IMG_0030その態度を隙と捉えて拉致ったのであれば、敵も浅はかだと、カメラ越しに敵連合をディスります。

尚もマスコミは、感情の問題でなく、具体策があるのかを聞いてきます。

締めとして、校長が手をこまねいているわけでなく、現在警察と共に調査中であること、爆豪を必ず取り戻すと宣言します。

雄英とマスコミのやり取りの一部始終は、爆豪本人も聞いていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





先生への協力要請

敵連合への勧誘を蹴った爆豪は、自分の立場をよく分かっていました。IMG_0031言質も取れて、敵連合にとっての自分が利用価値のある需要人物と理解した爆豪は、方針が変わらない内に2~3人倒して脱出を企てます。

爆豪に呆れる敵連合の面々ですが、黒霧だけは死柄木の心配をしていました。以前もステインに、顔にくっつけた父の手首を攻撃されかけた時、「この手」は駄目だと言っていた死柄木。この手にどういう意味があるかは分かりませんが、黒霧の様子から死柄木が激怒する可能性がありそうですね。

IMG_0033黒霧が慌てて死柄木に落ち着くよう促したところで、死柄木は爆豪を睨みつけます。動きを止める爆豪に、死柄木は他の面々に手を出すな、と言います。床に落ちた父の手首を拾いながら死柄木は、爆豪は「大切なコマ」なんだからと言います。

死柄木の落ち着きぶりに、黒霧がビックリしています(・。・;

出来れば爆豪に少し耳を傾けて欲しかったと言う死柄木は、爆豪と分かりあえるとい思っていたと言います。

しかし爆豪。

「ねぇわ」

一蹴します。

ヒーローの調査も進んでると聞いた死柄木は、悠長に爆豪を説得出来ないと判断し、モニター越しに見ていた先生オール・フォー・ワンに力を貸せと言います。

IMG_0039聞いたオール・フォー・ワンは、良い判断だと笑います。

ここ何話かは、爆豪が捕まっても救けられるかと思いきや拉致され、懐柔されるかもと思ったらそうでもない。と思ってたらラスボスが出てきてしまいました。

洗脳、改造と、何でもアリの人物なので、いよいよ爆豪の身がヤバいです(・。・;


発信器の示す場所

デク達5人は、発信器の示す場所にやって来ました。

八百万が確認した限りでは、荼毘使用脳無は丸1日この場所を動いていないようです。やっぱり命令ないと動かないですね、脳無は。

飯田と八百万のストッパー2人は、冷静に考えることと、危険と判断したら止めるぞ、と再三の注意を一向に行います。

デクは今出来る範囲の事を考えると言い、それを見ている飯田は、デクが一度決めたら止まらない。暴走機関車のごとく止まれないことを理解していました。飯田は1人、今度はデクを守ると決めていました。


突入準備完了

同刻、塚内の指揮のもと集結したプロヒーローは作戦の最後の詰めを行っていました。IMG_0035IMG_0036トップヒーロー数人だけでなく、グラントリノ、虎、マウントレディ、シンリンカムイも集められていました。

その中にまた懐かしいキャラクターが約1名居るし!(・。・;

作者デビュー作の逢魔ヶ刻動物園の水族館編に登場したシャチが居る!僕のヒーローアカデミアではプロヒーローの1人なんですね!個性はきっと水系だよね?この作品ではギャングオルカという名前のようだけど。

 

警察の調査と八百万の発信器によってアジトが複数あることを突き止めた塚内。爆豪の今いる居場所は判明しているから、そちらに主力を投入し、残りは他のアジトを制圧に動き退路を断って敵連合を一網打尽にするつもりです。

今回の救出、制圧に駆り出されたグラントリノは、オールマイトと会話しながら、自体が大きく動いた以上は、オール・フォー・ワンも必ず動くと当たりをつけていました。

突入に際して塚内は、校長にだけある依頼を出していました。敵を欺くことを要請し、謝罪会見を通じて調査が難航中かのように装う。流石に謝罪会見の開かれた同日に攻め込まれるとは誰も思わないでしょう。IMG_0037今回はスピード勝負で敵側に何もさせないと意気込む塚内は、流れを覆して意趣返しをするぞと、突入の合図を下します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想