各話解説、感想

僕のヒーローアカデミア ネタバレ No75 賭せ!ヒーロー (ヴィラン連合の狙いは爆豪、ムーンフィッシュが遭遇)

2016/11/23

敵連合の狙いが爆豪だと判明する75話

ムーンフィッシュ遭遇

スポンサーリンク
森火事と毒ガスに囲まれる中、轟と爆豪は倒れてしまったB組の円場を背負って宿舎に移動していました。そこで2人は敵の1人に遭遇します。自分たちの前に居たのは誰だと確認する爆豪に、轟は常闇と障子が居たと言います。しかし2人の姿はなく、障子の複製腕だけが血に塗れて転がっていました。
その転がった腕をきれいな肉面だから誘惑するなよと、

意味不明な発言をするムーンフィッシュが2人に仕事しなきゃ、と振り返ります。


広場の戦い

利己的なヒーローは粛清対象だと言い、マンダレイに襲い掛かるスピナー。そのスピナーを、テレパスで混乱させたマンダレイが先制ダメージを与えます。

スピナーに追撃しようとしたところで、急にマンダレイがマグネに引き寄せられてしまいます。そこへ虎が妨害に入り、マンダレイの窮地を救います。ピクシーボブは急に引き寄せられてしまって、対処できずにやられてしまったんですね。

マグネと戦闘を始める虎は、何をしに来たと目的を問います。勿論答えないマグネ。

マンダレイは、生徒の避難を頼んだはずのラグドールからの応答がないことをおかしく思います。いつもならすぐに連絡をよこすというマンダレイの言葉に、マグネはニヤリと嗤いを浮かべていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





デクVS血狂いマスキュラー

「ひみつきち」でマスキュラーと遭遇したデク。

滉汰を背後に庇うデクに、マスキュラーはお前は優先殺害対象だと言い襲い掛かってきます。圧倒的なパワーで攻めてくるマスキュラーに、デクは岩壁に叩き付けられます。
追撃してくるマスキュラーは、思い出したように何故か爆豪の居場所をデクに訊ねてきます。

何故爆豪が狙われてるか分からず混乱するデクに、マスキュラーはデクが情報を持ってないと判断して、遊ぼうと蹴りかかってきます。

地面に倒されたデクは、ひとまず爆豪の事を考えるのをやめて、目の前のマスキュラーに集中することにします。5%のフルカウルで反撃しますが、パワー不足でマスキュラーにダメージを与えることが出来ず逆にまた地面に叩き付けられます。

デクのスピードは褒めるマスキュラーですが、パワーが足りない事を馬鹿にして自分の個性自慢を始めます。皮膚下におさまらない筋繊維で底上げされたパワーをひけらかし、デクの個性が自分の劣等型だと笑いながら振り上げた拳をデクに叩き付けようとします。相手をいたぶる事が楽しくて仕方ないといった様子です。

マスキュラーこの個性、繊維がウゾウゾと蠢いているので、何かキモいです(-_-;)

その時、マスキュラーの後頭部に石がぶつかります。滉汰が意志を投げ、両親のウォーターホースも今のデクみたいにいたぶって殺したのか、と聞きます。

滉汰の言葉にデクも、マスキュラーが滉汰の両親の仇だと気づいて驚きます。

マスキュラーも少し驚いたみたいで、自分の左目を義眼にしたウォーターホースを思い出します。

マスキュラーに向かって怒り叫ぶ滉汰に、当のマスキュラーはどこ吹く風といった様子で意に介しません。ウォーターホースにやられた眼のことをは恨んでないし、ウォーターホースは殺人をとめようとしただけで、お互いのやりたいことをやった結果なだけだと言います。
そのままデクを無視して今度は滉汰に近づくマスキュラーは、できもしない事をやろうとしたウォーターホースが悪いと滉汰に再び襲い掛かります。

背中を向けたそのタイミングで、デクが攻撃してくることを読んでいたマスキュラーはデクに振り返って応戦しようとします。

わざと隙を見せてデクの攻撃を誘うとか小賢しい真似をしますね。

頭を使うような敵にはまったく見えないのに(・。・;

デクはマスキュラーが強く、スピード、フルカウルではダメージを与えることが不可能だと判断し、マスキュラーの身体から溢れている筋繊維に自分の腕を絡めます。


力不足の腕で殴るのか?と、嘲るマスキュラーに、デクは脳無戦以来制御が出来ない為使う事がなかったワン・フォー・オールの100%を解放して、その拳をマスキュラーに向けます。

今回襲撃している敵たちはロクでもないのばかりがやってきてますね(・。・;

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想