各話解説、感想

僕のヒーローアカデミア ネタバレ No37 緑谷とエンデヴァー

2016/11/23

待ち伏せ上手なエンデヴァーがデクを廊下で捕まえる37話。

機嫌の悪い爆豪

次の試合に向かうために控室に向かうデクと、麗日との試合に勝利して観客席に戻る爆豪がバッタリ遭遇します。デクに会った途端、何の用だとキレる爆豪にデクはビビります。形式的に爆豪の一回戦突破を労ったデクはそそくさと爆豪の前を去ろうとしますが爆豪が呼び止めてきます。爆豪は麗日の捨て身の流星群攻撃をデクの入れ知恵だと勘違いしていました。厄介な入れ知恵をしたであろうデクに怒りをぶつけてきますが、デクは何もしてないのですっぱり否定します。麗日が考えて実行した策を爆豪が厄介だと感じたなら、それは麗日が爆豪を翻弄した証拠だとデクは爆豪を黙らせます。爆豪を投げ飛ばすだけじゃなく、口で言い負かすようにもなるとはデクも日々成長しています。黙らされた爆豪は面白くはないですがね。

スポンサーリンク

観客席に戻った爆豪は、瀬呂や上鳴からか弱い女の子への容赦ない爆破のヒールぶりを絶賛されます。上鳴は自分が負けた塩崎には遠慮して本気出せなかったと強がりますが、すかさず蛙吹から完封されてたじゃんとツッコまれます。上鳴哀れだよ......。その会話を無視して椅子に乱暴にかけた爆豪は、麗日のどこがか弱いんだと呟いています。それは麗日と戦った爆豪にしか分からない感情でしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





麗日の本心

デクが控室に入ると、敗北した麗日があっけらかんとした様子でデクを出迎えます。麗日の様子に驚きながらもデクは怪我の具合を訊ねます。既にリカバリーガールによって体力削らない程度には回復している麗日だったので、残っている擦り傷を除けば問題なしみたいです。爆豪に敗北したことで普段以上に明るく振舞って見える麗日に、デクは心配を重ねます。心配してくるデクに麗日は、デクが先を見据えてライバルの行動を分析したりしている以上、試合で負けたからって負けてはいられないと気丈に返しています。ここで麗日の携帯が着信していますが、デクが横に居るので麗日は電話に出ません。

2人の会話の横で、試合会場の情報が控室にも届きます。両者ダウンで引き分けになっていた切島と鉄哲の勝ち抜けをかけた腕相撲に決着が着いていました。腕相撲ひとつでも白熱したバトルを見せる2人の内、勝ち抜きの切符を得たのは切島でした。いい勝負だったと地面に膝をついた鉄哲に手を差し出す切島と、まんざらでもない様子で応じる鉄哲。さっきまでの敵は既に友と言える感じの個性ダダ被りの2人の決着でした。

近づく2回戦にデクは、麗日に見送られて控室を後にします。デクが去った控室に1人残った麗日は、さっきの着信の相手、父親に電話をかけなおします。麗日の両親は奮戦した娘を褒めますが、当の麗日は浮かない様子です。1回戦で負けてしまったことでアピールする場を無くしたと悔しがる麗日に、父親は何を生き急いでいると注意します。麗日は自分が早くヒーローになる事で両親に楽をさせたいという思いは、当然麗日の両親も知っています。優しさを持っている麗日は必ず良いヒーローになれると父親に諭され、負けて悔しいと言う思いを隠していた麗日は泣き出します。


爆豪の次はエンデヴァー

麗日の泣き声は廊下を歩くデクにも届いていて、慰めるはずが逆に自分の背中を押してくれた麗日に報いようとデクは考えます。

その矢先に廊下の先でエンデヴァーに遭遇するデク。爆豪に出くわし、今度はNo2ヒーローに遭遇して驚く物語主人公。ところがエンデヴァーのほうはデクを捜していたようです。指を弾くだけで強力な風圧を起こすデクの個性をエンデヴァーは褒め、パワーだけならオールマイト並みだと評します。

そのオールマイトから受け継いでいるのだから当然なんですが、個性の秘密に気づかれる事を恐れたデクは早々に立ち去ろうとします。でもエンデヴァーが呼び止めてきます。爆豪といい、轟親子といい個性が目立てば色々な人物に目をつけられてばっかりのデクです。エンデヴァーは息子の轟 焦凍にはオールマイトを超える義務があることをデクに告げ、デクとの試合はその為の有益な実験になると捉えていました。このエンデヴァーの発言を聞いてデクは、轟との会話を思い出します。言いたいことだけ言って去ろうとするエンデヴァーを今度はデクが呼び止めます。

「僕はオールマイトじゃありません」と。

それは当たり前と返そうとするエンデヴァーに、さらにデクは言葉を重ねます。

「轟くんもあなた(エンデヴァー)じゃないと」と。

この言葉にエンデヴァーは言葉を返しませんでしたが、ライバルの爆豪を黙らせ、さらにNo2ヒーローをも黙らすデク。色々思う所はあるんだよね、デク。


リングに上がったデクは轟と向かい合い、試合開始の合図がかかり2人は戦闘準備に入ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想