各話解説、感想

【ヒロアカ】No143 勝負してみようや乱波くん

僕のヒーローアカデミア143話

分断された切島とファットは、パワー馬鹿の乱波と、バリア使いの天蓋と2対2の戦闘を繰り広げます。バリアで攻撃を防いだ天蓋に、俺はバリアなど要らんという乱波。対して、オーバーホールの命令を忘れるなと指摘する天蓋。コンビネーションの重要さを離そうとしたところで、突然味方の天蓋を殴り始める乱波。

おい、何をしやがる、この戦闘狂め!(;''∀'')

が、天蓋はバリアでなんなく防ぎ、ノーダメージ。

残念だったな、戦闘狂(;'∀')

スポンサーリンク

スポンサーリンク




乱波からすると、勝手にコンビを組んだのはオバホであって、俺は殺し会えればいいと、血狂いマスキュラーみたいな事を言い出します。

そうだね、自分に正直に生きようか。マスキュラーの結末は逮捕だったがな(;'∀')

呆れた天蓋は、好きにしろと乱波に言い、オバホをきちんとオーバーホールだと訂正させます。一応納得した脳筋肉の乱波は、天蓋を良い引きこもりだといってファットへの攻撃を再開します。ダメージを吸収するファットでさえ吸収しきれないパンチラッシュに、徐々に体力は削られていきます。危なくなったらまたバリアは出てくるから、先に天蓋を潰さないと勝ち目はないと悟るファットガム。切島のダメージも大きいから、何か切り札を切るつもりのファット。ここで昔の自分のエピソードを話して、乱波の興味をくすぐるファット。矛と盾はどっちが強いかの勝負を申し込むファットに、ノリノリで乗ってくる乱波。

お前は良いデブだと言ってますが、褒めてるとは思えない口ぶりにしか聞こえない。口の悪さを直しやがりなさい(;'∀')

再びぶつかるファットと乱波に、切島は見ていることしか出来ません。爆豪じゃないけど、乱波もスロースターターらしく時間が経つほどにギアが上がっていきます。もともとパワーとスピードが早いのに、さらに攻撃のペースが上がる乱波。個性の硬化を破られたら何も出来ないのかと自分を責める切島。その切島の目を見て、あの少年はもうダメだと言う天蓋。ギャラリーとなった切島と天蓋が色々思う中、ファットは自分がくらった衝撃をすべて吸着して沈めていました。受けたダメージを保存するためにエネルギー使うから、防御に使ってる脂肪はどんどん減っていく。

スポンサーリンク
防御を捨てて一発カウンターを狙うファット。ファットの様子に何かの策があると気づいた天蓋は、乱波に早く仕留めろと忠告します。ファットは反撃のエネルギーを貯めていますが、乱波が強すぎて思うようにタメが作れないでいました。反撃より前にピンチに陥るファットに、トドメを刺そうとマスクを興奮のあまり引きちぎった乱波が攻撃してきます。ここで切島がファットとラッパの間に入ります。さっきは一撃で吹っ飛んだ切島ですが、今度は耐えます、耐えてます。硬化が割れたら再度硬化して乱波の猛攻を防ぐ、防ぎ続ける。切島が反撃に転じますが、危険を感じた天蓋がバリアを出します。思わず振り返って天蓋を見る乱波。

さっきはバリアを出さないと言ったのに!嘘つきめ!(;'∀')

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こうして切島の防御と反撃は無駄になったと思いきや、時間稼ぎには十分でした。倒れる切島の肩を抱いて、エネルギーを貯めきったファットが反撃に転じます。しかしまあ随分とスリムになりまして。別人じゃあないですか!カッコいいから、普段からこっちでいましょうファットガム!

-各話解説、感想