各話解説、感想

ヒロアカ ネタバレNo138 GO!!

ヒーローと警察が死穢八斎會のアジトに令状持って突入しようとしたら、先に攻撃される138話


AM8:00

現実世界では朝ドラがやってる時間です

ナイトアイの個性でもって、死穢八斎會邸宅に居るエリの情報を掴んだデク含むヒーローと警察たち。入念に準備してカチコミの準備をしておりました。朝っぱらから警察署前に集合したわけですが、会議の時にはいたはずのグラントリノが居ない事に気づくデク!

爺さん、カチコミ当日に耄碌したか!!!(;゚Д゚)

と、そんな訳はさすがになく、塚内が調査しているヴィラン連合の件で大きな動きがあったらしく、グラントリノは予定をドタキャンと相成りました。死穢八斎會と接点を持った事で、ヴィラン連合が思った以上に早く勢力拡大が実現してるようです。それはまあ死柄木の行方を追うグラントリノからしたら無視できんでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




グラントリノのドタキャンはありましたが、それでも人数は十分という事で作戦はそのまま続行!相澤はナイトアイと行動するとデクに告げ、警察の代表は死穢八斎會は今日まで生き延びてきた極道なので、気を緩めず仕事をしてほしいと言って場を締めます。


そこから30分後。

AM8:30

死穢八斎會邸宅においてオーバーホールは、寝床に伏せった組長に騒がしくなる事を詫びます。

極道の朝は早いんです。

そして、現地に到着したヒーロー&警察。警察がインターホンを鳴らそうとしたところ、まさかの先に奇襲を喰らいます。


出典元マンガガタリ


門を内側からぶち破って巨漢の構成員がさっそくパンチ一発!!この巨漢構成員は、以前ヴィラン連合との交渉が決裂した時にも壁をぶち壊していたやつですね。どう見てもパワー馬鹿です。

その巨漢構成員のパンチを喰らった警察の方々が数人空へ飛んでいきます。相澤とデクに間一髪救出されてひとまずの危機を脱する警察の人々。

「朝から大人数で何なんですかぁ?」

「もお、何の用ですかあ?」

と、一応要件は聞いてくる巨漢構成員。そうは言ってる間にも次撃パンチを繰り出してきます。

話聞く気ないやん!!(;゚Д゚)

そこでリューキュウさんが前に出て何とドラゴン化!!(;´・ω・)

まるでドラゴンクエストの呪文「ドラゴラム」じゃないですか!?

巨漢構成員よりデカくなって攻撃を防ぎます。この場は自分の事務所が受け持つと言ったリューキュウは他のメンバーに先に行くよう促します。いきなり出鼻をくじかれた突入ですが、リューキュウ、ねじれ、麗日、蛙水が巨漢構成員との戦闘に突入します。

そのまま邸宅内に侵入したヒーロー&警察は、明らかな下っ端構成員を抑えて邸宅内部へ突入をかけます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





同時刻

オーバーホール本人と若頭補佐のクロノスタシスは地下を歩いていました。地下にいながらクロノスタシスは大人数が同じ方向に全速力で走っていると言っているので、索敵系の個性持ちですかね?碌に焦っている感じもない2人ですが、バレたらおじゃんだと言ってますし、オーバーホールも予想外に早く見つかった事に対しては今見つかるわけにはいかないと言ってます。

という訳で、オーバーホール自身は「邸宅に居ない事」にしてしまって、構成員が「勝手に暴れた」と見事に責任転嫁の構えを見せます。

そこで必要なのが時間稼ぎ!!!

登場するのが「鉄砲玉 八斎衆」と呼ばれた8人の幹部たち。


出典元 マンガガタリ


大層な幹部名だけど、鉄砲玉って呼んでる時点で盛大に使い捨てる気満々ですね(;´・ω・)

八斎衆の内1人の巨漢構成員は邸宅入り口で既に戦闘中なので、残りは7人。結構数が多いです。時間稼ぎは八斎衆に任せて雲隠れしたいオーバーホールとクロノスタシス。その間にエリもろとも証拠もすべて運んで隠ぺいする気のようです。

この7人を突破してもオーバーホール本人、若頭補佐のクロノスタシス、あとは本部長のミミックが残っているので戦力足りなくないかと言いたいですね。ヒーロー&警察にこれ以上の援軍は期待できないでしょうから、どうやって突破する気なのやらです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想