各話解説、感想

僕のヒーローアカデミア ネタバレ No13 救助訓れ (13号登場とヴィラン連合死柄木の襲撃)

2016/11/23

悪意が迫る13話

出勤前の事件解決

この日のオールマイトは、朝から多忙な日々を過ごしていた。通勤途中に強盗殺人犯を倒して、轢き逃げした車を捕らえて、さらに立てこもり事件の解決と、ヒーローとしては大活躍の朝を送っていた。

スポンサーリンク

しかし同時にデクに個性を渡して以降、自身の力の衰えを感じてもいました。一般人には分からないといっても、本人であるオールマイトにとっては死活問題ですから、心の中での焦りはあるでしょうね。数日前の対人戦闘訓練後、デクが爆豪に個性の件を話したことをやんわりと注意しています。DNAを摂取すれば強力な個性が手に入ると分かれば、オールマイトは勿論、デクも悪人から狙われますからね。それを考えれば、注意は当然でしょう。

力が衰えてきているオールマイトは、残りの時間を使ってデクを育てていきたいと考えてますが、デクはまだ高校入学したばかりの少年なので、焦りとジレンマもあるでしょう。そんな自分にも言い聞かせるみたいに、自分がしっかりしなければと出勤前のオールマイトは考えます。


午後のヒーロー基礎学

この日の午後の授業は、相澤先生から人命救助訓練と伝えられ、生徒たちは学校から離れた演習場に移動を始めます。コスチューム着用は自由と伝えられていますが、皆コスチュームに着替えています。デクは対人戦闘訓練でコスチュームがズタボロになったので体操服です。麗日とその会話をしていると、ズタボロにした張本人である爆豪は何となく申し訳なさそうな顔をしている気がします、気のせいだろうか?

個人的には体操服姿のデクのほうが格好良く見えるので、デクのコスチュームを作ったデクのお母さんには謝っておきます、ごめんなさい。

移動中のバスの中では、デクは蛙吹と切島からオールマイトと個性が似ているだの、シンプルな増強型は良いと個性の話が弾んでいます。単純な強さでは、爆豪と轟が群を抜いている話にシフトします。

そこで傍若無人な筈の爆豪が、まさかの他者からイジられる事に。人気が出なそうとか、汚物を下水で煮込んだ性格と、散々な言われようをしてます。爆豪も黙ってはいないのですが、それがまた蛙吹から予想通りの反応だと言われてしまう始末です。麗日と八百万は、笑いと呆れといった感じでバス内がワイワイしてきたところで相澤先生に場の空気を引き締められます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





襲撃

演習場に着いたデクたちが見たのは、某有名テーマパークのように見えて、水難事故、土砂災害、火事などをあらゆる事を想定した演習場USJでした。

先に待っていた13号が1人で設計したというから、創造する力がすさまじいですね、この先生。

ネーミングセンスはいかがと思うけど、「ウソの、災害や、事故ルーム」頭文字を略して、USJだそうです。決して、実在の施設と勘違いしてはいけません。

本来は相澤先生、13号を含んだオールマイトの3人で行う授業だったわけだけど、前述の朝の事故、事件解決で活動限界まで動いてしまったオールマイトは仮眠室でお休み中になってました。ヒーローとしては素晴らしいけど、教師としては失格なので、相澤先生からも不合理だなとぼやかれています。

演習開始前に、13号から個性のあり方について小言が始まります。だんだん小言の数が増えていくので、生徒たちの反応も良くはないです。個性とは人を助けるために便利に使える反面、簡単に人を殺すことも出来ると、13号は諭します。体力テストとも、対人戦闘訓練とも違って、人命のための活用方法を学ぼうと伝え、小言を終えます。小言というにはあまりにまっとうで、大事な心構えを13号は話してくれてます。宇宙服の中身が分かれば、尚のこと感動できたと思うのに。

いよいよ訓練が始まろうとした時、異変が発生します。


相澤先生が異変に真っ先に気付き、異形の集団が演習場に現れます。生徒たちは、入試同様の感覚でいますが、相澤先生に「敵(ビィラン)だ」と言われて、事の危険性を認識し始めます。

敵(ビィラン)連合の1人の黒霧が、先日教師のカリキュラムを頂いたと不穏な発言をしています。先日のマスコミ侵入騒ぎの混乱に乗じて、校内から奪ったとも思えますし、敵(ビィラン)に内通した誰かから受け取ったとも思える発言をしています。

実際のところは分かりませんが、校内に侵入しても構造は不明でしょうから、後者の可能性が高そうな気がします。


オールマイトが居ない事を敵(ビィラン)たちは疑問に思っていますが、居ないなら生徒たちを殺して引きずり出してやろうと考えてるので、爆豪のデクをイジメていた感情とは比較にならない悪意が滲んでいます。13号に生徒たちを守るように伝えて、相澤先生が先陣切って敵(ビィラン)に挑みかかります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想
-, ,