各話解説、感想

ヒロアカ ネタバレNo134 ガッツだレッツラレッドライオット (切島がゴリ押しで倒したチンピラはファットガムに捕まる)

2017/05/27

切島がチンピラ倒してヒーロー活動デビューを世間に認知される134話

出典元速攻ヒロアカ


街中で暴れるチンピラ下っ端と相対する切島。全身から刃を出して襲ってくるチンピラに、切島は全身硬化をより強化して対峙します。まだ逃げきれていない一般ピーポー達が逃げる時間を稼ぐために、切島はチンピラの注意を自分だけに向けさせようと仕向けます。その甲斐あって、チンピラは切島を倒すために全身の刃を一極集中させて放ってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




が、切島も負けません。以前オールマイトから指摘された小細工よりもゴリ押しの方が効果的というアドバイスを活かします。チンピラの刃を叩き折りながら距離を詰めながら硬化したお腹パンチでチンピラを悶絶させます。チンピラをぶっ飛ばすと同時に、切島の強化した全身硬化も持続時間を超えたことで解除されます。

倒されたチンピラは、泣き言をほざいて切島に見逃してくれと言ってきます。しかし、それはチンピラの演技で、単純で素直な切島は真に受けかけて隙が出来てしまいます。その間にもチンピラは笑いながら逃走を図るために切島から距離を取っていきます。切島も慌てて追いますが、追いつくことが出来ません。

そこで現れるのは切島に追いついてきたファットガム。個性の「脂肪吸着」を発動し、突っ込んできたチンピラを自分の身体で捕えてしまいます。そうしてファットガムは、切島に「ヴィラン退治はいかに早く戦意喪失させるか」がヴィラン戦闘時の勝利条件であり、被害者出さずに捕える事が重要だとアドバイスしてきます。

その後、ファットガム、切島、天喰は合流し情報を共有していました。チンピラが使用したのは個性を一時的に強化する違法薬でした。アジア系やアメリカ製の違いを説明してくれるファットガムに、切島は詳しいですねと言います。ファットガムは元々警察と懇意だったようで、以前はジャンキーばかりを捕まえていたようです。結果、薬関係に詳しくなったようです。ファットガムは今回使用された銃と弾を解析して報告してくれると言いますが、その前に銃弾を喰らった天喰は依然個性が使えないままでした。

切島に体調を心配される天喰は「辛い」とは言うものの、切島がミリオ同様に太陽みたいに輝かしい人間だとベタ褒めしてきます。お互いに認め合う雄英の先輩後輩をよそに、ファットガムは個性活性化の薬はともかく、個性使用不能の薬は初めてという事で、今回の事件に嫌な空気を感じ続けていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





翌日

学校に戻った切島はすっかり気が抜けたのか脱力した状態で学校に登校していました。本人の気が抜けていても周りにはインターネットを介して彼の活躍は拡散済み!!今のご時世、本人が知らなくても情報はネット上に流れています。

麗日と蛙水もリューキュウ事務所の活躍も当然のごとく知れ渡っています。

インターネット怖い怖いよ(;゚Д゚)

クラスメイトがそんなヒーローとしてのデビュー活躍に盛り上がる中、デクだけはオールマイト、ナイトアイ、ミリオの事、色々な事がスッキリはしないものの話の流れは理解していました。しかし同時に街で出会ったエリの事が離れず、日に日にその事が大きくなっていくのでした。


それから更に数日後

インターンが暫くお休みだったデク&切島、更に麗日&蛙水は4人そろって学校を出ます。今回のインターンは4人とも現地集合らしく行く方角も曲がる角も同じ、果ては先輩であるビッグ3が三人とも待っているという状況。

雄英生が揃いも揃って向かった先はナイトアイ事務所で、そこには既に複数のヒーローが集まっていました。どういう訳かグラントリノに加えて相澤まで居ます。

インターンの生徒が全員集まった事で、ナイトアイが議長となって会議をスタートします。内容は、方々から提供された一連の事件を通して集まった情報のの共有と協議。死穢八斎會が何を企んでいるかの全貌が色んな人間が知るところとなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-各話解説、感想