登場人物 雄英ヒーロー科1-A

僕のヒーローアカデミア 峰田 実(みねたみのる) 個性「もぎもぎ」

2016/11/23

僕のヒーローアカデミア 峰田


ヒーロー科A組の男子。

一言で表現してお調子者。加えてヒーロー科A組の男子内で尋常ではないエロさを誇る為、女子陣からボコボコにされる事も多い。相澤先生からは「性欲の権化」と称され、不名誉且つ、極めて相応しい称号を与えられている。上鳴同様のドエロブラザーズの一角でもある。ラッキースケベな場面も多く、USJ襲撃時は蛙吹に抱きつき胸にタッチして船に叩き付けられたり、水に沈められるなど全く同情出来ない事も起こる。

スポンサーリンク

真面目な飯田に注意されてもまったく意に介さず、女子更衣室の覗き未遂、女湯侵入未遂など度々自らの欲望を満たそうとするが。しかし常に誰かしらの妨害に遭い成功したためしは無し。その度に耳郎のイヤホンジャックで心音音爆弾を目に食らったり、女湯を覗くために壁を登るも、上で見張っていた洸汰に突き落とされている。

もともと雄英に進学したのはモテたいという欲からで、ヒーローになれば何となくモテると考えていた。しかし敵連合のUSJ襲撃の際、デクの姿を見てヒーローだからカッコいいのではなく、カッコいいからヒーローなのだと震えながらも勇敢に動くデクを見て気付く。

前期期末の演習試験では瀬呂とペアを組みミッドナイトと対戦。しかし、瀬呂が早々に眠り香で眠ってしまい、さらに出入り口前にミッドナイトが居るため脱出もできず、演習場の中を逃げ回ることになる。この逃げるさまはふりであり、逃げたふりでミッドナイトを演習場の奥におびき寄せることに成功する。個性のもぎもぎでミッドナイト自身と鞭を地面にくっつけ動けなくする。邪魔がなくなったところで眠った瀬呂を連れて試験合格する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





 

個性は、自分の髪の毛をもぎって丸めたものを投げつけるというモノ。攻撃力はないが、一度くっついたら中々取れないのでトラップとしての効果が高い。彼自身の体調によっては一日以上くっつき続ける。本人が使用する場合はくっつくという限りではなく、壁をよじ登る際の吸盤としても使用可能。ただし短時間で髪をもぎり続けると出血してしまう。

この為、夏合宿では弱点強化して頭皮の強度を上げるために、他ならぬ自分の手でひたすら髪をもぎり続ける地獄を行うことになる。

一度くっつくと取れない個性なので、対象の顔面に当たれば呼吸困難で窒息させることも可能である。スピンオフでは峰田本人がそれに気づいていなかったので、事故が起きなくて良かったねと言われている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-登場人物, 雄英ヒーロー科1-A
-,