登場人物 雄英ヒーロー科1-A

僕のヒーローアカデミア 緑谷 出久(みどりやいずく)=デク 個性「ワン・フォー・オール」 (オールマイトに出会うまで無個性だった少年)

2016/11/23

僕のヒーローアカデミア 緑谷


物語の主人公。

他者からの呼ばれ方は主に「デク」。もともとは爆豪から馬鹿にされて付けられた蔑称だったが、麗日からは頑張っている感じが良いと褒められた事でプラスのイメージに意味が変わったと本人談。後に、自分のヒーロー名に決めることになる。

爆豪については、嫌な奴だと思いながら個性も目標もすごい奴と思っており、今は勝ちたい存在として意識している。それでも苦手意識はどうにも拭えないので、爆豪に出会うとビクビクしてしまう。

スポンサーリンク

第一話ではヒーローに憧れる、作中世界では悪い意味で珍しい無個性の少年。無個性であることを理由に、幼馴染の爆豪を中心に馬鹿にされ、イジメられていた。ある日の中学校帰りにヘドロ敵に襲わたところを、自分の憧れのヒーローであるオールマイトに救けられる。この出会いによってデクの運命は大きく変わっていく。

オールマイトに救けられた後、「無個性でもヒーローになれますか?」と、質問する。相応に現実を見る必要があると諭され、ひどく落ち込む。この時に活動限界を迎えたオールマイトの正体を知ることになる。

オールマイトが去ったあと、落ち込んで帰ろうとする中、爆豪が逃走したヘドロ敵に襲われているのを目撃する。救助活動や個性の相性でヘドロ敵に苦戦し事件が解決しない中、自身の損得関係なく、爆豪を救けようと飛び出す。この行動が、活動限界で手をこまねいていたオールマイトを動かすことになる。

事件解決後、オールマイトから個性「ワンフォーオール」の存在と、個性の受け継ぎ提案をされる。この提案を即答して、身体つくりの為にオールマイトに課せられた厳しいトレーニング生活をこなしていく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





そうしてヒーロー育成最難関の雄英高校の入試日当日、オールマイトの予想を超える形で身体つくりと、与えられた海浜公園の大掃除を完了させる。はれてオールマイトの個性「ワン・フォー・オール」を、オールマイトの髪を食う(DNA摂取)ことで受け継ぎ、入試に臨む。実技試験では0ポイントで不合格かと思われたが、入試中に麗日を救けていたことでレスキューポイントを獲得し合格する。入学後、個性の制御が出来ず骨折や身体がボロボロになることに悩みながらも、オールマイトに発破をかけられながら日々成長していく。

雄英体育祭以降は、グラントリノに個性の使い方を学び、全身に個性を常時5%行きわたらせるフルカウルを修得。以降の戦闘でも縦横無尽に動き回れるようになる。それでも無茶をしてしまう癖は変わらず、次第に体の傷が増えていってしまう。

神野区の事件以降は、母やオールマイトら周りの人間に不安をかけない事を意識し、オールマイトへのリスペクトだけでなく自らのオリジナルとして脚技を鍛え始める。負傷が酷い腕には発目が作ったサポーターを着けて負担を和らげるよう工夫している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-登場人物, 雄英ヒーロー科1-A
-, , , , , , ,