敵(ビィラン)連合 登場人物

僕のヒーローアカデミア 黒霧(くろぎり) 個性「ワープゲート」

2016/11/23

僕のヒーローアカデミア 黒霧


全身にモヤがかかった敵連合の出入り口担当。

ワープゲートのの個性を使い、座標転移が可能。多くの敵をを一斉に連れて来たり、ヒーロー側には戦力分断させる為に、引き離しなど戦場の混乱を起こす役割が多い。相手の攻撃をワープゲートに吸収してそのまま相手に返すことも可能なので、ヒーロー側には厄介な能力を有している。現に13号のブラックホールをワープを通して跳ね返し、戦闘不能に陥れている。

ただしワープといっても、正確な座標が分からない場合は、その場所へ転移できない。

スポンサーリンク

自身にとって厄介な敵であっても、ワープゲートの中で動きを止めてワープゲートを閉じてしまえば、相手を引きちぎって倒すという血生ぐさい方法で相手を葬ることも出来る。自らに相手の血や臓物が溢れるので好ましく思っていないが、オールマイトほどの強者であれば受け入れるとも言う。この方法を脳無に動きを止められたオールマイトに使おうとしたが、轟や爆轟の介入があって、結果は失敗に終わる。

物理攻撃は効かないように見えるが、モヤに隠れて実体はあるため、全く攻撃が効かないというわけではない。自身の弱点も自覚しており、それをモヤで隠して戦闘に臨んでいる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





悪名高い敵であるステインを探してアジトに連れてきたのも黒霧の行動である。ステインをアジトに招いた際、死柄木に怒るステインの攻撃を受け、とばっちりに近い傷を負わされ、やや可哀想な時もある。ステインが保須市の騒動で逮捕されたあとはブローカーと接触している。ステインの思想にあてられ敵連合に接触してきた荼毘、トガと死柄木の仲を取り持つ。癇癪を起こしやすい死柄木を諌めて、他のメンバーとの間を取り持った上で、死柄木に組織拡大の必要性を訴えたりと参謀的役割を担う。

雄英の夏合宿襲撃には直接参加しないものの、この時も出入り口として荼毘たち、開闢行動隊の回収に現れる。マンダレイと虎に捕まったスピナーとマグネを助け出し、爆轟を連れてアジトへ帰還する。

そのアジトがプロヒーローの強襲を受けアジトが制圧される中、最も厄介な能力を有するという理由からエッジショットの攻撃を受け気絶する。気絶したままオールフォーワンのもとへ転送され、個性をオールフォーワンに強制発動させられる。そのまま死柄木を含む敵連合のメンバーを戦場から離脱させるゲートを開き、全員をゲートに通したあと、ゲートと共に転送されていった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-敵(ビィラン)連合, 登場人物
-, ,