登場人物 雄英高校教師

僕のヒーローアカデミア 根津校長(ねづ) 個性「ハイスペック」

2016/11/23

僕のヒーローアカデミア 校長


雄英高校の校長。

長めの尻尾があるネズミ(?)で、人間以上の頭脳が動物に発現した唯一無二の例。自分のことをネズミでも犬でもなく、その正体が校長という生物だと言う。相澤先生の服に潜り込むことも出来るのでサイズは小さめ。

その昔、人間の手によってひどい目にあった過去を持ち、うっかり素が出て高笑いしてしまうことがある。その高笑いぶりは子供が聞いたら泣き出しそうな恐怖感を煽る。

スポンサーリンク

ノベライズ版では、ぶっとんだカリキュラムが多いヒーロー科の授業参観に巨大な迷路を作ろうと提案している。

雄英の授業参観自体が、事前にデクたちの保護者とグルになって生徒の対応力を見る為のものなので、時間制限をもうけようと初めに言っている。さらに電気柵や落とし穴を仕掛け、動く壁を作ろうと言ったり、一度通った道は2度と引き返せない人生のように崩してしまおうと言う。危なく怨念がこもっていそうな雰囲気で笑う根津の姿は、猥談ばかり話すミッドナイトら、雄英の教師が引いてしまうほどである。ちなみにこの案は採用されていないので、生徒に対して実害は及んでいない。

オールマイトに雄英高校赴任を薦めた人物でもあり、一度話を始めるとお茶を入れて話し始め、すごく長い話につかまることになる。事故ときくと反射的に動くオールマイトに苦言を呈し、教師を引き受けた以上は教職に専念してほしいと要望している。結果的にオールマイトがUSJ救助にたどり着くのも遅らせた戦犯でもある。オールマイトが話を打ち切らなければ、雄英高校の社会的地位にどん底に落ちていたかもしれない。

そんな事をしていても、オールマイトの個性「ワンフォーオール」を知る数少ない人物でもある。

夏合宿で爆豪が誘拐されたあとは、内通者の存在に教師たちがどよめく中、教師たちを信じていると発言する。内通者の件も含めて、かねてから計画していたことがあるようだが、その内容は今現在不明。

雄英の謝罪会見時はオールマイトのみと示し合わせ、敵連合を油断させるためにわざと捜査が行き詰まっているかのようにテレビの前で発言する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





 

個性は「ハイスペック」。

自らの手を下さず、門外漢であるクレーン重機を容易く操作して相手の足止めを行える。また、クレーンを使う中で、連携して目的地への道を潰すなど謀略にも長けている。単純な行動をする芦戸や上鳴のような単純な人物には、最悪に相性の悪い頭脳派の敵となる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-登場人物, 雄英高校教師
-