登場人物 雄英ヒーロー科1-A

僕のヒーローアカデミア 切島 鋭児郎(きりしまえいじろう) 個性「硬化」

2016/11/23

僕のヒーローアカデミア 切島


身体を硬化させる個性を持つヒーロー科A組の明るい少年。

その明るさからクラスメイト達の輪をつなぐ存在になっている。男気に燃える性格でレッドライオットをリスペクトしており、将来のヒーロー目標にしている。

悩みは個性が地味なこと。

スポンサーリンク

粗暴な態度や言動が目立つ爆豪にも物怖じせずに話しかけ、入学当初から爆豪とは対等な関係を築いている。戦闘時には爆豪とならんで率先して敵との交戦に臨むなど勇敢な姿も目立つ。硬化の個性は攻撃、防御両方に使えるので、対人戦闘に強い。

爆豪の爆破にも全くひるまないほどの高い防御力を誇り、作中では初めて爆豪に物理的なダメージを与えている。しかし常に力んでいる状態のため、戦闘が長引くと綻びが現れ始め部分的に防御力は弱まっていく。雄英体育祭のトーナメントで爆豪と戦った際は、その弱点をつかれ敗北している。

B組の鉄哲と個性がダダかぶりなのを気にしているが、体育祭でガチな殴り合いを通して鉄哲とは親交を築いている。その後の職場実習では2人揃ってフォースカインドの事務所にお邪魔することになる。

期末実技試験では砂藤とペアを組むが立ち回りの弱さからセメントス相手に為す術がなかった。破壊しては次々に現れるセメントの壁に阻まれてしまう。結果、制限時間内に脱出、もしくはセメントス撃破という課題達成が出来ず赤点を取ってしまう。その為、直後の夏合宿では厳しく相澤先生からしごかれることになる。

合宿の補習中に敵連合開闢行動隊が合宿所が襲撃。マンダレイのテレパスを聞き、敵の狙いが爆豪と分かり助けにいこうとするがブラドキングに止められる。爆豪が誘拐された後は何も出来なかった事、何もしなかった事を悔やむことになる。敵連合が撤退した後は、轟とともに爆豪救出を考える。重傷のデクも誘って八百万の付けた発信器を頼りに爆豪の救出に向かう。

デクたちと共に脳無格納庫へたどり着き、プロヒーローたちの活躍を見守っていたが、オールフォーワンの出現によって状況が一気に悪化。悪化した状況の中、救出すべき爆豪が転送されてきたため、戦闘許可がされていないことに悩む。その時デクが提案を思いついたため、それに従い爆豪救出作戦を決行する。高い位置から戦場を横断する中で爆豪に呼びかけるというもので、対等な関係を爆豪と築いてきたことがここで活きることになる。彼の呼びかけに爆豪が応える形で手を取り合い救出は成功し、戦場をデクや爆豪とともに離脱する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

-登場人物, 雄英ヒーロー科1-A
-, ,